忍者ブログ
生きてるということ。
  • /11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » /01

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
u(うつてん)
性別:
非公開
職業:
県民
趣味:
音楽 絵 詩
自己紹介:
今日も元気だ
軟骨うまい

区別区間
フリーエリア
避難場所
アーカイブ

[10/17 VANS ・ケ・ヒゥ`・ォゥ` ・マ・、・ォ・テ・ネ]
[10/17 ガガミラノ腕時計]
[09/11 うつてん]
[09/11 るんね]
[11/17 るんね]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

移行しました。ついでに全て無かったことにするのではなくて僕は受け入れることにしようと思いました。さすがに都合の悪いものとか傷になることは消すけれど、学生時代の頃からのものも移行したので、未だにここに来ることがある人は、酒の肴にでもしてやってください。

拍手[0回]

PR
このブログ2007年くらいからあるんだ。
で、色々思い出しながら、色々と記録に残せることはいいのかもなって。
じつは記事って、非公開にしてるだけなんで残してあるんです。
その当時にコメントでそんなことを言ってもらって。
多分、2年前?くらいかな、その人に会うことになったりもして、まあなんだか、人とのつながりって馬鹿にできないなって。

「あの頃ぼくらは17歳だった。」「瞬きする間に僕も歳をとって。」

長文を残す場所っていうのは、たまには必要だとも思う。
誰にも見られないような場所でこっそりと、一言だけ残すこと。

きっとこの感覚は昔から何も変わっちゃいない。

けれど変わってしまったことのほうが大きくて、本質的には変わらないとしても
大人になるって、臆病だなって思う。

ぼくは変われるのかな。って多分当時気にしてたけれど

大丈夫、大して変わってないけど、きっと当時の君が見たら僕はとんでもなく違う人間だろう。

たまに自由に生きている人を見ると、本当に、いつまでもそれが続けられる人っていうのは
いろんな努力ができるのかもしれないな。

変わることと変わらないことについて。

拍手[0回]

お久しぶりです。

風が突き刺してくる、嫌な季節。
乾ききって、何もかも無くなるような。

なんだかたまに何もかも嫌になる瞬間があって、その時にこういうことを書きたくなります。

別に誰も見ちゃいないと思うけど。

透明、故に。

そこにあるかどうかは自分自身が決めることかな。

だからどんどん自意識過剰でいます。辛くなったらやめます。

それくらいの感覚でいます。

音楽や絵はいつまでも続けていたいな。

今年も残り僅かだし、来年の抱負はとりあえず、asleep utopiaでライブをやることと

それと、職安に行くこと、ですかね。

今すぐ行ってこい!!って話ですけど。

アスリープのみんな、凄い人で

僕なんかの作った曲を、やってもらって申し訳ない気持ちでいつもいっぱいなんだけど

それなりにいいものを作っていきたいと思ってるんで、

メンバーのみんなが、これ好きとか言ってくれると、すごく嬉しいのです、お世辞でも。

だからライブやるとか言い出せる頃には、いい曲だと思えるものをやりたいですね。

あとみんなのこと好きです、普通の意味で。
久々のブログで最後にこんなこと書いて申し訳ないけど、わりと健康でいます。

死にたい気持ちはいつまでも変わらないけど。お酒飲もう。

拍手[0回]

今朝、嫌な夢と喧しいアラーム音によって目覚めたと同時に歯が欠けた。

ずっと虫歯だったところ、早く治せってことだろうけど。

好きな人に裏切られる夢。ここでいう好きな人は友人知人を含む。

なんだか嫌な目覚めと共に寝坊してることに気付き、急いで支度し仕事へ。

ふわふわした気分の中、腹痛。

さらになんだかアレコレやっかいごとを回され

なんだか厄日です。


最近よく考える

自分のこと、他人のこと

他人から得るたくさんの情報のなか

自分というものにずーっと昔から嫌悪感があった

きっとそれは好きだからこそ許せないとかそういうもので

出来ないこと、なれないこと、たくさん。

改めて考えて、あのときこう、とか考えるけれど

本質的に何も変わっていないことを思うとやり直したいと思うだけ無駄だということ、

なんだか吹っ切れてます、今は

すぐくよくよ悩むもんだけど、今年はたくさん、変化がおこるといいな

なんて。

拍手[0回]

やたらと昔の事を思い出す。

それが三年前の話でも、それが六年前の話でも。

過去を美化しているわけではないのだけど、僕の心は大分汚れた。別名大人になった。

物事を単純に見れなくなった。

あの頃の感性が欲しい、創作とは難しい。

今自分が作りたい物が一体何なのかと問う度、それが一番足りてない気がする。

とか言って自分に逃げ道作っているだけだったりして、それがそもそも存在しなかったのかもしれない。

色んな事を知る事、学ぶ事は楽しくなった。

映像で見るより、実際に見てみたくなった。

いつの間にか明確に変わってしまったのは、僕の中にあった、自分自身を曝け出す事が容易くなったこと。

それでも全てではない、のだけど。

昔の事を思い出す度、考えるのは自分自身より他人の事。

あの時仲良くしてた人、友達だった人、色々。

多分、機会がなくなっただけなんだけれど、それだけで人はこうも疎遠になるし、気がつけば忘れそうな自分もいる。

当たり前と言っちゃあ、当たり前なんだ。少し寂しいと思っただけ。

今でも死にたいとか考える気持ちは変わらないし、昔と同じくらい落ち込むし、辛いし、やめたいし

それでも絵が好きだし、音楽が好きだし、車や漫画や色々な事が好きだ。

惰性かもしれないな。(だせー)

子供っぽいって言われるのは少し恥ずかしい、と感じた時点でもう立派な大人ですね。



話は変わって、

僕のバンドのasleep utopiaのドラムをやってくれている、弟こと、もたクンが自身のバンド

the aimsで初ライブが決まったそうで。

うらやましいな。いや、ライブするところまで行けるのは素晴らしいと思う、お金はかかるけど、それだけの価値がある。

僕としては、長年の付き合いもある上で、ホントに、彼がこうしてバンドでステージに立つのは嬉しい。

嬉しい上で、僕は彼に嫉妬している。

音楽の技術も才能も、僕はまあ、ないに等しいからこそだけど、こんな事本人には言えないけど

凄くうらやましいし、いい音楽を作っていると思ってる。

ひとを褒めるような事、変な話、特別扱いするのもされるのも苦手だったので

こんな事を言えるようになったのは、大人になったってことかな。笑

ちなみにthe aimsのライブは8月2日の下北沢屋根裏と8月22日の渋谷乙です。

僕が告知するのはどうなの!?と思うけれど、もし、お時間あればぜひ。

拍手[0回]

* HOME * NEXT
BrownBetty 
忍者ブログ [PR]